事故車の見分け方

事故車の見分け方を知っていると中古車を購入する事故車の時に役立ちます!見分け方を知って役立てましょう!
MENU

事故車の基準とは

事故車基準とは

キズがついているからといって、すべての車が事故車になるわけではありません。
キズがついている場所によっては事故車にならない可能性もあるのでチェックしてみましょう。

  1. インサイドパネル
  2. クロスメンバ
  3. サイドメンバ
  4. ダッシュパネル
  5. ピラー
  6. フロア
  7. ルーフ
  8. リアフロア
  9. ラジエータコアサポート

この9つのパーツを修復していれば事故車として買取り業者に見分けられる可能性が高くなるでしょう。キズがついていたなら、しっかりと補修してから査定したもらいましょう。

事故車を見分けよう

正面から見て左右をチェック

車は基本的に左右対称に作られています。しかし事故車の見分け方として注意して見てみると多くの場合はボンネットがゆがんでいたり、左右どちらかが変形していることが多くあるので要注意が必要です。

パーツごとの隙間をチェック

事故車かどうかの見分け方のひとつに隙間に注目する方法があります。
トランク・ドア・ボンネットなど日常的に開け閉めする動作をするパーツの隙間を見てみましょう。ここも事故車かどうかの見分け方に利用できます。
普通の自動車は隙間がみな同じ幅なのに比べて、事故車は隙間の幅が変わっていたりパーツがわずかに浮き上がっていたりするのでチェックしましょう。

ボルトの塗装をチェック

トランクやボンネットを開けてみるとパーツのつなぎ目にボルトが取り付けてあります。修理していない普通の自動車はボルトが塗装されていますが、事故車は塗装がはげてしまっていることが多いのです。
ボルトを外して修理するので塗装がはがれてしまうことが多いのでしょう。
ボルトの塗装がはげていても買取り価格などに響くことはほとんどありませんが、事故車の見分け方のよいポイントになるでしょう。

ナンバープレートの歪みをチェック

ナンパ―プレートが付いている自動車の場合、ナンバープレートにゆがみがないか・キズはないかをチェックします。
もしナンバープレートがきれいな状態であっても、加工を施せばきれいな状態に戻るので判断を早まらないようにしましょう。
事故車の見分け方のひとつとして覚えておくとよいですね。

まとめ

事故車の見分け方を知っておくと自分が売りに出すときも、購入を検討するときも役に立ちます。
事故車買取りの業者がどこをポイントに見分けているのかがわかれば、重点的に修理する場所がわかるのも嬉しいですね。
しっかり事故車の見分け方を学んで高額査定してもらいましょう。

関連する買取情報ページ

大事故=廃車と誰が決めたの?
足回りやフレームに関わる大事故を起こしたら必ず廃車になるとは決まっていません。不動車でも買取りしてもらえる可能性があります。
事故車の修理費用はいくらくらいかかる?
事故車は修理をした方が査定額もあがる……ではその費用はいくらくらいかかるのでしょうか?事故車に関わるお悩みを解決!
事故車買取りを依頼するまでの流れ
事故車を買取り業者に依頼する手順を分かりやすく紹介しています。事故車を買取り業者に依頼するのは面倒な手続きが必要かもと思っている方はぜひご一読あれ!簡単スムーズに高額買取りしてもらえる方法があります。
修復歴のある車の定義と価格落ちレベル
交通事故で修復歴のある車と判定される定義とは?どのくらいの事故で査定価格はどの程度落ちるのかをご説明!

※査定申し込み時、画像添付は任意なのでなければしなくても大丈夫です!
PR: 事故車・故障車・不動車なんでもOK!
事故車の買取り専門店

事故をした車を売るときには

買取業者徹底比較

利用者の口コミ・レビュー

サイト情報

このページの先頭へ