会社によって買取価格が大きく変わる本当の理由

車買取業者はたくさんありますが、同じ車でもあまりにも査定金額が違います。会社によって買取価格が大きく変わる本当の理由を説明します。
MENU

会社によって買取価格が大きく変わる本当の理由

会社によって買取価格が大きく変わる本当の理由

実際に車を見て価格が左右する幅というのは、実は車の相場レベルに比例します。

古い中古車、いっぱい出回っている人気車、高く売れない事故車などは、業者に寄る査定の価格差は低くなりますし、新古車や新車同然の数百万の値打ちが付く車、超人気車の場合元々の買取価格が高いのもあり、実車を見て、装備やメンテナンス状態などの良し悪しで数十万は軽く差が出てきます。

高額の査定価格が出せるかどうかは、買取った中古車をどのようにさばけるかという会社の技量に寄るところが大きいのです。

買取った車を会社の利益に変える仕組みが違う

例えば買取った車を自分の中古車販売会社で一般向けに売るしかない会社は、再販しかルートがありません。中古車販売会社が直接買取る場合がこれにあたります。

ですので1台あたりの利益を多く計算しておかないと、長期在庫や展示中の劣化や車検切れなどのリスクもあり、安心できません。つまり買取価格はなるべく安く抑えたい事情が大きくなります。

通常、中古車販売会社の買取価格には再販時の利益が20万~30万円見込まれてると思って良いでしょう。

高額買取してくれる会社の仕組み

中古車部品を再利用

海外への販売・輸出や、多数業者との提携、自社オークションなどどんな車を仕入れても捌けるルートが多い業者さんは、 どのメーカーのどんな車を入手しても利益になります。

車本体や部品の流通を確保出来ている会社ほど、事故車でも水没車でも一定の利益が確実に見込めるので買取OK、ということになります。

そのような業者はどちらかと言えば薄利多売ですが、それ故にどんな車でも選り好みせず、どんどん買取ってくれるのです。

パーツを輸出している会社は特に、在庫数や車種の豊富さがメリットになりますので例え希少車の部品取りでも手に入れておく理由があるのです。

事故車メインの買取会社は

  • 事故車買取のTAU=事故車やパーツを発展途上国に輸出しています。
  • ユーカーパック=2000社からなる提携会社にオークションとして出します。
  • カーネクスト=日本全国の陸送業者・輸出業者・解体業者とコネクションあり!



⇒車買取ランキングを見る

※電話だけで査定が終わる!画期的な車買取「ハイシャル」がすごい!
ハイシャルで車を売ろう

事故をした車を売るときには

買取業者徹底比較

利用者の口コミ・レビュー

サイト情報

このページの先頭へ